イハラサイエンス
地球規模で活躍するイハラサイエンスの「最適配管システム」
沿革

沿革

第1創業

1941年
昭和16年

4月 東京都港区芝浜松町3丁目2番地にて、伊原政次個人経営の伊原商会を創業

第1創業は1941年から1961年。日米大戦の年1941年に若干35歳の伊原政次がイハラサイエンス株式会社の前身である、伊原商会を浜松町の地に創業しました。資本金1000円、従業員4名という個人商店がイハラサイエンスの歴史の始まりです。当時の取り扱い製品は、創業者の出身母体、古河電工様の取扱商品である電線や電線管、鉄管継手、工場用電池などでした。

創業者 伊原 政次
創業者 伊原 政次
1947年
昭和22年

5月 経営を法人組織とし、資本金5万円にて、伊原産業株式会社を設立

個人商店から伊原産業株式会社と社名を変更し、新たな歴史を歩み始めました。資本金5万円の法人の誕生です。写真は伊原産業の社名の入った入り口で創業者と社員達。そして、創業者を支えた大番頭 山田眞喜栄 元副社長です。

伊原産業 事務所前
伊原産業 事務所前
大番頭 山田 眞喜栄
大番頭 山田 眞喜栄
1952年
昭和27年

ISブランドの誕生(商社からメーカーへ)

取り扱い製品は、伊原商会時代の製品に加え、エルボ、チーズなどの継手やバルブ、コック、給油関係のゲージなどでした。業者からの仕入れ、また、協力工場に委託加工して、お客様にお納めする、まだ商社機能の強い業態です。しかし1952年には伊原ブランドISマークを作り、メーカーとして歩み始めました。

伊原産業 第1号カタログ
伊原産業
第1号カタログ
ISブランドのバルブ
ISブランドのバルブ
はためくISの旗
はためくISの旗
1953年
昭和28年

配管用高圧継手メーカーとして出発

商社の時代を経た当社は、メーカーの時代に入ります。1953年から1998年の45年間は大きく発展した時代です。同業他社が、大型投資などにまだ躊躇していた時、鍛造継手の金型に大型投資を行い、ユーザーも東芝機械様、日立製作所様、富士電機様など大手との取引も増えてきました。

自社金型で生産した鍛造継手類のカタログ
自社金型で生産した
鍛造継手類のカタログ
東芝機械様向け油窓
東芝機械様向け油窓

油圧機器の著しい成長の追い風も受け、くいこみ継手の需要は拡大、1960年には念願の自社工場を現伊豆市熊坂に持つことができました。ベルトがけ旋盤が主流の製造現場に、モーター直結の最先端の倣い旋盤などを工場に設置し、建屋は貧弱なものの設備と職人たちは一流という生産体制を構築しました。

設立当時の侍たち
設立当時の侍たち
1958年
昭和33年

油圧機器工業会に入会

1958年には、高度成長期の花形産業になった油圧機器に欠かせない継手のメーカーとして認められ、油圧機器工業会(現フルードパワー工業会)に入会しました。1959年には二代目社長となる伊原務が入社。この年、年間売上高1億円を突破しました。そして実質的な「メーカーの時代」を創り上げたのは、製品「くい込み継手」です。この継手とは、1960年に三菱重工様との取引で出会いました。ドイツで使われている油圧配管用継手として、溶接もパイプにネジをきる事もなく、高圧配管をつなげることのできる継手であり、その将来性に着目し、独自に研究開発を進め「喰込継手」と命名して製品化を進めたのです。後に、くい込み継手用締め付け装置などが開発されていきます。

1962年業界紙「配管と装置」に紹介されたイハラの喰込継手
1962年業界紙「配管と装置」に紹介されたイハラの喰込継手
伊原 務が入社 後の2代目社長
伊原 務が入社
後の2代目社長
締め付け装置
締め付け装置
油圧締め付け装置
油圧締め付け装置
1960年
昭和35年

8月 大仁工場を静岡県田方郡修善寺町熊坂28番地に建設

伊原産業 大仁工場
伊原産業 大仁工場

第2創業

1962年
昭和37年

10月 社名を伊原高圧継手工業株式会社と改称

1960年代に入り、当社命名の「くい込み継手」は、そのままJIS化され、油圧配管装置には欠かせない部品となってきました。名実ともにブランドメーカーとして発展してきた証として、1962年10月には「伊原高圧継手工業株式会社」と社名を変えます。「くい込み継手」のカタログには新社名「伊原高圧継手工業」が入りました。

新社名が入った「くい込み継手」のカタログ
新社名が入った「くい込み継手」のカタログ
1963年
昭和38年

6月 株式を公開(日本証券業協会東京地区協会登録店頭銘柄)

資本金1億1000万円に増資し、店頭市場(現ジャスダック)に上場。株式を公開します。この年、代理店制度を取り入れ第1号の代理店として中西商事殿との契約を結びます。

株式公開説明会
株式公開説明会
1966年
昭和41年

9月 大仁工場を静岡県田方郡大仁町吉田153番地に新設移転

好調な販売に対応するため、生産拠点の増強が急務となり、かねてから、静岡県大仁町(現伊豆の国市)に取得してあった土地に第1工場を建設しました。

大仁工場
大仁工場
大仁工場(航空写真)
大仁工場(航空写真)
1968年
昭和43年

4月 大阪支店を開設

代理店会議の開催

大阪営業所が開設され第1回の代理店会議が開催されました。また翌年1969年には、後の3代目社長となる現会長の中野琢雄が入社します。

第1回 代理店会議
第1回 代理店会議
1969年 入社当時の中野会長 ※左から2人目
1969年 入社当時の中野会長
※左から2人目
1970年
昭和45年

5月 付知工場を岐阜県恵那郡付知町5591番地に建設

10月 イハラシステムエンジニアリング株式会社設立

継手単品の生産販売会社から、「配管をシステムとして捉え、サービスしていく会社」としてイハラシステムエンジニアリング株式会社を設立します。これが現在の付知第2工場の前身にあたる会社です。

岐阜 付知工場
岐阜 付知工場
イハラシステムエンジニアリング
イハラシステムエンジニアリング
1971年
昭和46年

2月 名古屋支店開設

生産・販売拠点の拡大

1970年代は、ニクソンショック、石油ショック、ベトナム戦争の終結、安宅産業の倒産など多くの試練がありました。そんな状況下、1971年 伊原務が2代目社長に就任しました。積極経営を推進し、営業所の開設や三和興業への資本参加、鍛造工場の建設、伊原産業の設立など規模の拡大が行われました。1976年にはソ連の石油プラント向けの大型継手を大量受注しています。

創業者と2代目社長
創業者と2代目社長
ソ連向け プラント製品
ソ連向け プラント製品
1972年
昭和47年

4月 日本高圧継手協会設立

1980年
昭和55年

2月 三和興業株式会社に資本参加

1981年
昭和56年

4月 鍛造工場を岐阜県恵那郡付知町10424番地に建設

岐阜鍛造工場の建設
岐阜鍛造工場の建設
1982年
昭和57年

5月 山形伊原高圧株式会社設立

山形伊原高圧株式会社(現山形イハラ)が山形県東根市に設立。(1990年には米国に進出)
生産拠点も静岡、岐阜と合わせ5ケ所となり、製品市場は油圧市場からハイテク関連市場に拡大していきます。BI-Lokの登場もこの時期です。

山形伊原高圧株式会社
山形伊原高圧株式会社
BI-Lok
BI-Lok
1989年
平成元年

5月 大仁工場を技術開発センターに改称し静岡県田方郡中伊豆町下白岩1251番地に新設移転

静岡 技術開発センター
静岡 技術開発センター
1989年
平成元年

10月 資本金15億6千4百万に増資

1990年
平成2年

6月 バイロックイハラコーポレーション(BIC)

ペンシルベニア州にBIC 米国現地法人設立
ペンシルベニア州にBIC 米国現地法人設立
1991年
平成3年

4月 付知工場と鍛造工場を統合し、岐阜県恵那郡付知町10424番地に新設移転

岐阜 新工場
岐阜 新工場
1993年
平成5年

12月 本社を品川区大井4丁目13番地17号に移転

1996年
平成8年

1月 国際品質規格 ISO9001を全社(CS事業部、IT事業部)取得

第3創業

1997年
平成9年

10月 社名をイハラサイエンス株式会社に改称

1999年
平成11年

5月 3代目社長に中野琢雄が就任

3代目社長として、中野琢雄が就任します。就任時は、赤字と多額の借金・不良資産、連結子会社の債務超過など、20世紀型経営の行き詰まり状況でしたが、就任直後に、再建4カ年計画を明確にし、不退転の決意で実行した結果、計画のほぼ全てを完結しました。
また組織をフラット化し、カンパニー制をひき、全ては「人」との信念のもと、社長自らが、各階層別に、社員教育を実施してきました。

3代目社長 中野 琢雄
3代目社長 中野 琢雄
2000年
平成12年

10月 e-fit配管システムにてエコロジーデザイン賞を受賞

グッドデザイン エコロジー大賞 受賞
グッドデザイン エコロジー大賞 受賞
2003年
平成15年

4月 国際環境規格 ISO14001を全社(CS事業部、IT事業部)取得

2004年
平成16年

12月 山形伊原高圧株式会社を山形イハラ株式会社に改称し、本社工場新設

山形イハラ増設(第3工場)
山形イハラ増設(第3工場)
2006年
平成18年

1月 岐阜事業所増設

10月 三和興業株式会社をイハラパイピングサービス株式会社に改称

2008年
平成20年

1月 イハラシステムエンジニアリング(株)岐阜工場を、岐阜第二工場として統合

岐阜工場を、岐阜第二工場として統合
岐阜工場を、岐阜第二工場として統合
岐阜第二工場
2010年
平成22年

4月 イハラシステムエンジニアリング(株)を、吸収合併

第4創業

2012年
平成24年

3月 本社を港区高輪3丁目11番3号に移転

3月 台湾伊原科技股份有限公司 設立

10月 蘇州伊原流体系統科技有限公司 設立

12月 IHARA KOREA 設立

本社(高輪台)
本社(高輪台)
台湾
台湾
蘇州伊原
蘇州伊原
2013年
平成25年

6月 イハラサイエンスUSA 設立

初代USAダラス
初代USAダラス
2018年USA ロサンゼルス
2018年USA ロサンゼルス
2014年
平成26年

4月 イハラパイピングサービス(株)を、吸収合併

2015年
平成27年

1月 4代目社長に長尾雅司が就任、中野琢雄は会長に就任

長尾社長 中野会長
長尾社長   中野会長
2017年
平成29年

5月 南通伊原流体系統科技有限公司 株式取得し設立

GPN工場
GPN工場
CPN工場
CPN工場
2018年
平成30年

12月 公益社団法人イハラサイエンス中野記念財団設立

2019年
令和元年

7月 静岡事業所伊豆長岡工場を静岡県伊豆の国市南江間2176番地28に建設

伊豆長岡工場新設
伊豆長岡工場新設
page top